『コントロールジェルme』限定キャンペーン開催中

リピート率80%の抑毛ジェル!

低刺激で敏感肌でも使える!

日本製だから安心!

※特に、成長期でムダ毛に悩んでいる子供さんにおすすめの商品です。

キャンペーンを見る

『コントロールジェルme』成分から副作用を暴露!赤ちゃんでも安全に使える?アレルギーの危険性は?

『コントロールジェルme』成分から副作用を暴露!赤ちゃんでも安全に使える?アレルギーの危険性は?未分類

肌に敏感な人でも顔と全身に使える『コントロールジェルme

コントロールジェルme

大手ボディケアサロンでも採用されており、25年も支持されている超ロングセラー商品です。

そんな、『コントロールジェルme』ですが、副作用なる成分や、アレルギー反応が起きる危険な成分は含まれていないのでしょうか?

ジェル子さん
ジェル子さん

いくら、良い商品でも副作用あったら安心して使えないですよね。

そこで、今回は、『コントロールジェルme』の全成分を調べ副作用がないか調査してみました!

また、赤ちゃんでも安全に使えるかや、アレルギーの危険性についても調べたので

ぜひ参考にしてみたください。

↓気になる所を【クリック】

↓↓↓  公式サイトはこちら ↓↓↓

※下の画像をクリックすると公式サイトに移ります。

『コントロールジェルme』の全成分から副作用を解析!危険な成分は入っている?

『コントロールジェルme』の全成分から、副作用について調べました。

基本的に安全な成分で作られていますが、いくつか注意点があります。

  • ダイズ種子エキス
  • エタノール

これら2つの成分について、ここで詳しく説明します。

また、『コントロールジェルme』は、刺激が強いイメージがあるパラベンが配合されていますが、安全性の高いパラベンを使用しています。

そのことについても詳しく解説していきます。

ジェル子さん
ジェル子さん

ちなみに、『コントロールジェルme』の全成分は以下の通りです。

水、イソペンチルジオール、グリセリン、センチフォリアバラ花水、カラギーナン、BG、ダイズ種子エキス、ヒオウギエキス、アマチャエキス、ザクロ果皮エキス、ヒアルロン酸Na、ウンカリアトメントサエキス、ペルベチアカナリクラタエキス、マルチトール、アラントイン、グリチルリチン酸2K、エタノール、アロエベラ葉エキス、イチョウ葉エキス、ホップ花エキス、ローズマリー葉エキス、マグワ根皮エキス、オウゴン根エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ゴボウ根エキス、ローマカミツレ花エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、サボンソウ葉エキス、セージ葉エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、レモン果実エキス、パパイン、マルトデキストリン、マンダリンオレンジ果皮エキス、ローヤルゼリーエキス、ブッチャーブルーム根エキス、アルニカ花エキス、チャ葉エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、ヒバマタエキス、スギナエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、クズ根エキス、フユボダイジュ花エキス、パリエタリアエキス、キュウリ果実エキス、ゼニアオイ花エキス、セイヨウニワトコ花エキス、クロレラエキス、メチルパラベン、孔雀石抽出物

引用元:公式サイト

『コントロールジェルme』にはダイズ種子エキスが含まれるので大豆アレルギーの人は注意!

『コントロールジェルme』には、ダイズ種子エキスが含まれています。

このダイズ種子エキスは、皮膚刺激性および皮膚感作性はほとんどなく、基本的に安全性の高い成分です。

ですが、大豆アレルギーの人は、肌に異常が出てしまう可能性もあります

そのため、大豆アレルギーの人で『コントロールジェルme』を使用する場合は、まずはパッチテストを行なうようにしましょう。

ジェル子さん
ジェル子さん

パッチテストの方法は、二の腕の内側などの皮膚の柔らかい部分に『コントロールジェルme』を塗布し、24時間放置するだけです。

簡単にできるので、大豆アレルギーの人は使用前にやってみてください。

『コントロールジェルme』にはエタノールが含まれているので、超敏感肌の人は刺激に注意

『コントロールジェルme』には、エタノールも含まれています。

エタノールもダイズ種子エキスと同様に、皮膚刺激性および皮膚感作性はほとんどありません

基本的に安全性の高い成分です。

しかし、超敏感肌の方は、エタノールによって肌が刺激を受けてしまう可能性があります。

そのため、超敏感肌の方は、パッチテストをまず行なうことをおすすめします。

ジェル子さん
ジェル子さん

パッチテストの方法は、ダイズ種子エキスで紹介した通りの方法ですよ。

パッチテストを行なって、肌が赤くなったり痒くなったりするなど異常が見られなければ、『コントロールジェルme』を使用するようにしましょう。

⇒返金保証付きで『コントロールジェルme』を買いたい人はこちら

『コントロールジェルme』にはパラベンが配合されているが、比較的安全

『コントロールジェルme』にはパラベンが配合されていますが、安全性の高いパラベンを使用しています。

パラベンとは防腐剤のこと。

肌に刺激が強いというイメージを持っている方も多く、最近ではパラベンフリーを売りにしている化粧品も多いですよね。

ですが、パラベンが配合されているからといって、肌に刺激が強いというわけではありません。

ジェル子さん
ジェル子さん

ここは、よく勘違いするところですよね。

パラベンにも種類があり、『コントロールジェルme』が使用しているのはメチルパラベン

メチルパラベンは、パラベンの中で最も肌への刺激が弱い成分で、皮膚刺激性および皮膚感作性はほとんどありません。

パラベンが配合されていて心配になった方もいるかと思いますが、肌への刺激が少ないメチルパラベンを使用しているので、安心して利用できます。

『コントロールジェルme』は天然植物成分が主原料なので安心!5つの無添加

『コントロールジェルme』は天然植物成分が主原料なので安心!5つの無添加

『コントロールジェルme』は、天然植物成分が主原料なので、子供から大人まで安心して使用できます。

ジェル子さん
ジェル子さん

肌が弱い方は特に、配合成分に気を付けている方も多いと思いますが、『コントロールジェルme』なら、そのような方も心配いりませんよ。

ここからは、『コントロールジェルme』が誇る5つの無添加について解説していきます。

  • 合成界面活性剤
  • シリコンフリー
  • 人工ジェル化剤フリー
  • 人工着色剤
  • 香料フリー

これらに5つについて、詳しく説明します。

肌に異常が出ないか心配している方も、これを読んでみて、『コントロールジェルme』を使ってみてください。

『コントロールジェルme』は合成界面活性剤・シリコンフリー

『コントロールジェルme』は、合成界面活性剤やシリコンが配合されていません。

ジェル子さん
ジェル子さん

界面活性剤は、化粧品の油分と水分を混ぜ合わせる作用のある成分で、ジェルには必要不可欠な成分なんですよ。

しかし、その界面活性剤は合成界面活性剤であると、皮脂を溶かしたりタンパク質を変性させたりする作用があります。

そのため、肌が乾燥したり、皮膚に悪影響を与えたりしてしまうのです。

ですが、『コントロールジェルme』には、そんな合成界面活性剤は配合されていないので、安心して使用できます。

また、シリコンが配合されていると、なかなか洗い落とすことができなくなります。

そのため、強力な洗浄剤を使うことになり、肌に異常が出てしまう可能性があります。

ですが、『コントロールジェルme』にはシリコンは配合されていないため、肌に異常が出る可能性は極めて低くなります

⇒損せず『コントロールジェルme』を買いたい人はこちら

『コントロールジェルme』は人工ジェル化剤フリー

『コントロールジェルme』は、人工ジェル化剤が配合されていません。

ジェル子さん
ジェル子さん

ジェル化剤は、名前のとおり、ジェル化するのに必要な成分で、液体と固体の中間的なジェル状にしてくれるんですよ。

『コントロールジェルme』もジェル状のものなので、ジェル剤は必要なのですが、人工のジェル化剤は使用していません。

人工ジェル化剤でなく、天然のジェル化剤を使用しています

人工のものより、天然のものの方が、肌への刺激が少なく、肌が弱くて荒れやすいという方でも安心して使用できます。

天然成分にこだわっている方は、ジェル化剤も天然のものにこだわりたいと思います。

そのような方にも『コントロールジェルme』はおすすめです。

『コントロールジェルme』は人工着色料・香料フリー

『コントロールジェルme』は、人工着色料および香料が配合されていません。

ジェル子さん
ジェル子さん

人工着色料は、そのままの意味ですね。人工的に作られた着色料のことを指します。

人工添加物は、アトピー性皮膚炎やアレルギーの原因になる成分が含まれていることもあるため、あまり肌に良くありません。

肌や健康のためには避けたい人工着色料も配合されていないので、安心ですね。

また、肌に刺激が強いとされる香料も配合されていないため、肌が弱い方でも安心して使用することができます

さらに、香料フリーなので、「香りが強くて苦手だから使用できない」ということはありません。

強い香りが苦手という方でも、『コントロールジェルme』をストレスなく使用することができます。

⇒『コントロールジェルme』限定キャンペーンはこちら

『コントロールジェルme』は赤ちゃんや小さな子供でも使える?

『コントロールジェルme』は赤ちゃんや小さな子供でも使える?

『コントロールジェルme』は成分も安全性から見ても、赤ちゃんや小さな子供でも使用可能なジェルです。

実際に口コミを調べてみても、3~5歳のお子様に使用している方も多く見られました。

ジェル子さん
ジェル子さん

肌に異常もなく、安全に使用できているみたいですよ。

公式からも、ムダ毛ケアとして使用されるのは3~4歳からが多いと書かれています。

ちなみに、『コントロールジェルme』を親子で使用している方も多いようですよ。

また、『コントロールジェルme』は、ムダ毛ケア以外にも、スキンケアとして使用することもできます。

ムダ毛ケアだけでなく、スキンケアとして赤ちゃんや小さな子供に使うのもおすすめです。

⇒『コントロールジェルme』特別キャンペーンはこちら

『コントロールジェルme』は妊娠中の方や出産後・授乳期に使っても問題ない?

『コントロールジェルme』は妊娠中の方や出産後・授乳期に使っても問題ない?

『コントロールジェルme』は、子供から大人まで使用できる安全性の高い抑毛ジェルです。

なので、妊娠中の方や授乳期の方の使用も可能ですし、基本的には問題ありません。

ですが、妊娠中や出産後は、妊娠前と肌の状況が違います。

以前より肌荒れしやすくなったり、敏感肌になったりしている方も多いでしょう。

妊娠前は問題なく使えていたものなのに、肌が荒れてしまうということも起きてしまいます

そのため、心配であれば、『コントロールジェルme』を使用する前にパッチテストを行ないましょう。

また、もともと肌が弱い方であれば、特に医師に相談してからの使用をおすすめします

⇒60日間返金保証付きで『コントロールジェルme』を買いたい人はこちら

『コントロールジェルme』アトピー肌やアレルギー持ちの人に対してのリスクは?

『コントロールジェルme』アトピー肌やアレルギー持ちの人に対してのリスクは?

『コントロールジェルme』は、アトピー肌やアレルギー持ちの人に対するリスクは低いです。

というのも、『コントロールジェルme』は合成界面活性剤、シリコン、人工ジェル化剤、人工着色料、香料の5つ含まれていない無添加の抑毛ジェルです。

ジェル子さん
ジェル子さん

天然植物成分が主原料のため、肌への刺激もなく、アトピー肌やアレルギー持ちの人も安心して『コントロールジェルme』を使うことができますよ。

ですが、ダイズ種子エキスが配合されているため、大豆アレルギーを持っている方は念のため注意する必要があります。

アレルギーを持っている方でも、その他のアレルギーの場合は特に心配はありません。

⇒『コントロールジェルme』限定キャンペーンはこちら

『コントロールジェルme』の使用中に肌荒れが起きた場合は?

もし、『コントロールジェルme』使用中に肌荒れが起きてしまった場合は、すぐに『コントロールジェルme』の使用をやめてください。

『コントロールジェルme』が肌に合わないという可能性が高いので、いつものスキンケアに戻しましょう

ちなみに、公式サイトで『コントロールジェルme』を初回購入して肌に合わないと分かった場合は、60日間返金保証制度を利用できます

60日以内に連絡をし、返送するだけで返金してもらえるので、なるべく早めに対応するようにしましょう。

※ この返金保証は公式サイトで購入した場合のみ受けられるので注意してください。

⇒『コントロールジェルme』の公式サイトはこちら

『コントロールジェルme』の成分と副作用のまとめ

『コントロールジェルme』の成分と副作用のまとめ

『コントロールジェルme』は、天然植物成分が主成分で、無添加です。

合成界面活性剤や人工ジェル化剤など、肌にあまり良くないとされるものが配合されていないため、赤ちゃんから大人まで使用できることがわかりましたね。

副作用も基本的にはありませんが、大豆アレルギーを持っている方やエタノールに対して超敏感肌の方は、念のため注意してください。

ジェル子さん
ジェル子さん

心配な方は、パッチテストをしてから、『コントロールジェルme』を使用してみてくださいね。

ですが、基本的には『コントロールジェルme』は安全に使用できるので、肌が弱い方けれど抑毛したい!という方にはおすすめですよ。

⇒全額返金保証付きで『コントロールジェルme』を買いたい人はこちら

↓↓↓  公式サイトはこちら ↓↓↓

※下の画像をクリックすると公式サイトに移ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました